事業所ご案内>

 訓 練 室 

 訓練室は、和幸園の理学療法士(PT)、作業療法士(OT)1名ずつと、グリンハイムの理学療法士(PT)1名 という、女性ばかり少人数の部署ですが、お互いに相談・協力 しながらリハビリ業務や車いす調整や申請、補装具の申請に関わる業務などに取り組んでいます。
 生活介護事業所グリンハイムの手前の、離れのような場所にありますが、 広い訓練マットや平行棒、全身運動マシン等の訓練器材も整っています。
 入口の「くんれんしつ」の看板は、障がい者支援施設グリンハイムの入居者様による作品です。
 特別養護老人ホーム和幸園での風船バレー。和幸園だよりなどで、他にも、カラオケ大会やマージャンなど、訓練室が関わっている企画を紹介しています。

 和幸園だよりのページ

※プライバシー保護のため、画像を加工しています。



 和幸園・グリンハイム 訓 練 室
 主任 小塚 恵美
 (理学療法士)
 平成21年入職
経 歴  九州のリハビリ学校を卒業後、九州労災病院の勤務を経て、主人の仕事の関係ではるばる北海道へ。
 16年という長い時間を専業主婦としてのんびり過ごし、末っ子の中学入学を機に仕事復帰。 老健、訪問看護ステーションのPTとして錆びついた頭と体を自らリハビリをするように仕事をこなしていました。
 そろそろ、施設で腰をすえて働きたい!と切望していたところに救いの手の求人募集があり、北海道ハピニスに入社、現在に至っています。

私と仕事  リハビリに対して、利用者様ご本人はもちろん、ご家族や介護員さんなどまわりの皆さんが非常に期待して くれることに責任を感じます。
 特に利用者様は、訓練を心待ちにしてくれますし、頑張ってリハビリに取り組んで いる姿に接するときなどやりがいを感じますね。リハビリやレクを通して利用者様の意外な一面をみることができる 喜びもあります。
 自分の父親が、病気がちでリハビリを受けていたこともあり利用者様やご家族の立場になって考えられるPT でありたいと常日頃思っています。

私と休日  平日には手が回らない家事をすることが殆どですが、子供たちが独立してからは、 主人と二人でランチを食べに行ったり、野球観戦や旅行に行く機会が増えました。
 最近は、全国の神社や寺院をお参りしご朱印集めを楽しみにする巷で密かなブームとなっている “ご朱印ガール”としてカメラ片手に旅に出ています。


ハピりす

北海道ハピニスでHappinessに働く

ワーク・ライフ・バランスの実践

一般事業主行動計画

グリンハイムショートステイ空き日程

広報紙を読む

法人概要・経営情報を知る

個人情報保護方針

サイトマップ