事業所ご案内>

 和幸園・グリンハイム ホームヘルプサービス事業所



 和幸園ホームヘルプサービス事業所(介護サービス)は平成7年10月1日に登録ヘルパー7名で開設。
 その後、グリンハイムホームヘルプサービス事業所(障害サービス)が平成15年4月1日にスタートしました。
  開設当初のヘルパーが現在も2名活躍中。
 足腰の衰えも見られず?見せず??毎日元気ハツラツ!
 現在はサービス提供責任者5名と登録ヘルパー29名が活躍。
 40歳から69歳までの幅広い年齢層ですが、ヘルパーのチームワークの良さと、
 何より利用者様を思うやさしさと、あたたかい心を持つヘルパーが、事業所の自慢です。
→より詳しい内容はこちら



 和幸園・グリンハイム ホームヘルプサービス事業所
 主任 金子 淳子
 (介護福祉士・社会福祉主事)
 平成13年入職
経 歴 私の小さい頃の夢のひとつは婦人警官(学生時代の友達には体格からか? 向いていると言われた)。卒業の年は交巡視員の募集しかなく諦め、もう一つの夢だったお年寄りと関わる仕事がしたく特養に勤めました。
 あの頃の寮母さんは若い人が少なく、20代は3人しかいませんでした。 音楽クラブを作って、あの当時流行っていた、石川さゆりの♪津軽海峡~なんて難しい歌を教えたり、楽器を指導し発表会をしたり、 とにかく楽しかったです。
 結婚、育児で10年間仕事を離れたのですが、もう一度お年寄りに関わる仕事がしたく、家庭との両立が出来ると思いヘルパーを選択。 いま16年目が過ぎ、施設とは違うやりがいをやっと見つけ、楽しさを感じながら仕事をしています。

私と仕事 天職と思っていたこの仕事が、違う!そう思っていたのは私の勘違い!!  この16年間何度思っただろう。やっぱり私の目指すものは本当は違っていたと・・。
 でも今は私をここまで育ててくれた先輩達や、そして一緒に歩んできた仲間達に感謝しながら、地域で暮したいと願う利用者と共に笑い、時には共に悩み・・ 一瞬一瞬を共に出来る支援を、大切にしたいと思ってます。
 そして今、利用者に届けている笑顔がヘルパー全員の明るい笑顔の未来に繋がると思っています。

私と休日 私はアイドルグループ嵐が大好きで、休日は嵐のDⅤDや録画番組を、 一日中見て過ごすことが唯一の楽しみ!
 嵐がコンサートで、5万人を笑顔に出来るって・・すばらしい!
 私には5万人を笑顔には出来ないけれど、一人でも多くの利用者を笑顔したいと毎日、嵐から元気を貰っています。


ハピりす

北海道ハピニスでHappinessに働く

ワーク・ライフ・バランスの実践

一般事業主行動計画

グリンハイムショートステイ空き日程

広報紙を読む

法人概要・経営情報を知る

個人情報保護方針

サイトマップ