事業所ご案内>

 和幸園 芸術の森デイサービスセンター「のえるの森」
(認知症対応型通所介護)



 「のえるの森」は、認知症対応型で定員12名のデイサービスです。
 自然に囲まれた環境で住宅だった一軒家をそのまま使用し、家庭的で温かい雰囲気の中で皆様にリラックスして過ごして頂ける様心掛けております。
 昼食は居間から見えるキッチンで作られ、時にはご利用者様にもお手伝いして頂きながら、出来立てのお料理を提供し好評を頂いております。
 近くには眺めの良い公園が点在しており天気の良い日はよくドライブに出掛けます。
 個性豊かでユニークなスタッフが充実したレクレーションを準備してお待ちしています。

→より詳しい内容はこちら



 和幸園芸術の森デイサービスセンター「のえるの森」
 生活相談員 阿部 まどか
 (介護福祉士)
 平成19年入職
経 歴 福祉の仕事に入るきっかけとしては、初め地域の高齢者の方に自分でも 何かお手伝いできる事は無いかと、他施設で傾聴のボランティアとして登録をしていたのですが、仕事の依頼が全く無く、 たまたま地域事業部の横を通った時にヘルパーの求人の張り紙を見つけ、和幸園のヘルパーとしてお仕事を始めさせて頂きました。
 その後、和幸園特別養護老人ホームを経て現在の和幸園芸術の森デイサービスセンターのえるの森のオープニングスタッフとして採用され、 現在は介護員兼生活相談員としてお仕事をさせて頂いております。

私と仕事 私がのえるの森で仕事をさせて頂く中で大切にしている事は、 ご利用者様に笑顔になって頂く事です。のえるの森に来て頂いている時間は、心からリラックスして楽しい時間を過ごして頂きたいと思っています。
 ご利用者様と一緒に笑い合えるひと時は私の喜びであり元気の源になっています。
 のえるのスタッフは皆楽しく、日々笑いが絶えません。そのような中で仕事をさせて頂ける事に感謝し、これからも微力ながら地域の方のお力になれる 様、励んでいきたいと思っております。

私と休日 休日は、ペットの柴犬と一緒にゴロゴロする事で癒されています。 出掛けるよりも家に居る事が好きで、よく部屋の模様替えをしております。




 和幸園芸術の森デイサービスセンター「のえるの森」
 主任生活相談員・管理者 菊地 英里
 (介護福祉士・認知症ケア専門士)
 平成13年入職
経 歴 福祉の専門学校を卒業して、福祉施設に就職…と思いきや、すすきのの居酒屋でアルバイト、 福島県でテレビの部品組み立て、クリーニング屋の配送業務など…6年間、様々な社会経験を積み、 満を持して北海道ハピニスに入職(よく受け入れてくださいました)。
 初めは和幸園の介護員、そして平成21年2月から「のえるの森」生活相談員、平成27年4月から管理者となりました。

私と仕事 ご利用者様のイキイキとした表情を見ると、やりがいを感じます。 その「イキイキ」を引き出すために、時には「芸人」、時には「女優」、時には「一流シェフ」、時には「三助」、 時には「音楽家」、時には「ダンサー」だったりと、変幻自在なスタッフがいる事が強みとなっています。
 そんな素晴らしいスタッフと力を合わせて協力し合っても、上手くいく時といかない時があり、 日々勉強。毎日が発展途上だと感じます。

私と休日 美味しいものを食べてのんびりしてリフレッシュ。毛ガニをさばくのが得意です。ぜひデイサービスでも披露したい!あっでも予算が…(笑)
 ドライブ大好き!連休が取れたら旅行します。


ハピりす

北海道ハピニスでHappinessに働く

ワーク・ライフ・バランスの実践

一般事業主行動計画

グリンハイムショートステイ空き日程

広報紙を読む

法人概要・経営情報を知る

個人情報保護方針

サイトマップ